製品案内

雪庇防止柵

雪庇防止柵

冬の屋根・屋上からの落雪…気にしていませんか?

北海道の多雪地域では、屋根雪処理の軽減や落雪によるトラブルを防止する為に、 陸屋根等のフラットな屋根形状を採用する建物が多く見られます 。

フラットな屋根を持つ建物の風の流れは剥離流や再付着流、循環流などの 複雑なパターンを示す事が多いと言われています。

建物屋根上の積雪はこのような風の流れに影響され、吹溜りが発生するなど不均一に積もります。 屋根上における雪の吹溜りは偏荷重の発生や軒先に積雪が庇状に張り出す雪庇の原因になり 次第に成長すると自重に耐えきれずひび割れて落下し、人的災害や雪処理労力の増加をもたらします。
又、 風下に駐車場や玄関アプローチなどが存在するとあらゆる事故へ繋がってしまいます。

当社では、道路の雪対策で長年にわたり培った基礎的知見と冬期気象観測データをもとに 現地調査を行い皆様の大切な住宅を雪による災害から守ります。

落雪からの不安解消

屋根・屋上の雪下ろしの手間が掛かりませんので、業者へ依頼しなくても安心して冬期間をお過ごしいただけます。

屋根・屋上からの落雪による隣家とのトラブルを防止するためにも、現地調査・ヒヤリングから、現場にあった雪庇防止柵をご提案いたします。
ダウンロード このページを印刷する