製品案内

維持管理作業用ステップ

維持管理作業用ステップ

理研興業の新技術がより安全な施工をサポートします

イメージ

近年高規格道路の防雪対策として、防雪柵が効果を発揮しています。

防雪柵の設置は除雪の堆積スペースの確保、夏季時の防雪柵収納時における景観上などの理由から盛土法面上への設置が増えています。

維持管理作業(収納及び建て込み)

イメージ

防雪柵の維持管理作業には、主柱の建て込み・収納、防雪板の昇降等がありますが、維持管理に必要な機械・工具を持ち運びながらの作業は法面上で行う必要があり、非常に困難で危険を伴います。又、きれいに生成された法面を崩してしまうこともあり、環境が壊れる結果になります。

そこで当社では防雪柵維持管理作業時の建て込み・収納をより安全に施工できる作業用ステップを提案することにより、安定した作業環境をご提供いたします。
ダウンロード このページを印刷する